太陽光発電システム

家屋や空いた土地などにシリコン半導体を利用した太陽電池を設置し、太陽光を利用して電気を作ります。

CO2や有害な物質を出さないため、地球に悪影響を与えません。

自然災害など悪条件に負けない耐久性、強度で高い発電能力を維持します。

太陽光発電システム搭載屋根

発電した電気はご家庭で使用していたく事が可能で、さらに余った電気は余剰電力として電力会社に売ることができます。

住宅用太陽光発電のしくみ

  1. 太陽電池モジュールで太陽光を集めて電気を作ります。
  2. 太陽電池モジュールで作った電気は接続箱に集められ、パワーコンディショナに供給します。
  3. パワーコンディショナで発電された電気を家庭用電力に変換します。そしてシステム全体の運転を管理します。
  4. 分電盤から発電された電気を各部屋に送り込みます。
  5. 電力量計には余って売った電力量と電力会社から買った電力量が表示されます。

太陽光発電システムしくみ図

太陽光発電のメリット

・地球温暖化の要因とされるCO2を放出しない奇麗なエネルギーです。

・電気料金が高額な昼間は太陽光発電で作られた電気を使用し、余った電気を電力会社に売ることができます。

・発電しない夜間は、電力会社から安価に電気を購入できます。

※2014年度は37円/1kWhの単価で電力会社が買取りますから、大きなメリットが生まれます。発電できない夜間は、電力会社から安く電気を購入できます。

(例)単結晶4.3kWシステムを導入した場合(東京都)

年間予測発電量  約4,797kWh
換算電気料金   約18.5万円

また今後の政策の動向は、設置時の補助金を廃止し余剰電力買取制度から全電力買取制度への移行が検討されています。

これから太陽光発電を始める方にとって、早目の導入をする事が長い目で将来を考えた時十分にメリットがあると考えられています。

電力グラフ

・オール電化とのセットで導入する事で、太陽光発電で得た電気を効率良く使い光熱費を激減させる事が出来ます。

・影の影響を受けない場所に設置する事が出来れば、日々のメンテナンスはほぼ要らず、20年以上の耐久性があると言われています。

・急な災害で停止してしまった場合、日射量に応じて発電した電気を使うことができます。

葉